GAME TEST

事業詳細

新しい概念のQAを中心に
ゲーム業界の未来を変革します

ゲーム開発やQA・テストを、AIによって効率化しようという研究はさらに
進められていくでしょう。
monoAI technologyはゲームAIのエキスパートだからこそ、
未来のスタンダードとなり得る”QAのためのAI”を開発し、
「コスト適正化」と「品質向上」に貢献します。

ABOUT

「人」と「標準化」と「AI」の
最適なコラボレーションで
高品質を実現

monoAI technologyのAIテストとは、「人が主導して、AIが補う」という方法で行います。

論理構造を理解できるAIの計算力は人間には不可能なスピードを発揮しますが、人でないと検知できないバグも多く発生しています。

そこで、私たちは「人の検知する感性や属性を標準化し、標準化した仕組みをAIに実行させる」という方法を採用。

独自開発したAIテストツールを、テスト自動化やテスト設計に活用することにより、高品質のテストを提供しています。

FEATURE

FEATURE 1

二極化するメリットの
「いいとこ取り」

ゲームのプラットフォームが進化していくなかで、テストベンダーに求められる技術も変わってきました。
コンシューマゲームの時代から活躍しているベンダーは、人海戦術でバグを見つけるという強みがあり、「テスト職人」をたくさん抱えています。最近のスマートフォンゲームの時代においては、テスト項目、運用計画、ユーザーレビューなどの作成が、よりシステマチックに求められるようになります。

monoAIが目指すいいとこ取り

これまでのニーズに対する専門性や効率化を重視した為に、テストベンダーの二極化が進みましたが、それぞれにメリットがあります。
業界のニーズは「人海戦術」から「テスト戦略提案」へと変化していますが、旧来型の手法も必要とされています。

monoAI technologyは、こういった背景を客観的にとらえ、既存の業界ニーズに対応できるスキルと経験を備えており、さらにAIや自動化の活用によって、双方のメリットの両立を実現し、新たなニーズにも対応します。

FEATURE 2

AIだけに頼らず、
人の力をサポートする形でAIを導入する

monoAI technologyでは通常のテストだけでなく、自動化エンジニアによるサポートを行うのが特徴です。

monoAIのQAサービスの流れを、一般的なQAサービスと比較してみます。
一般的なQAサービスでは、テスト期間中、同じエンジニアが担当し続けますが、 monoAI technologyの場合は通常のテストを行いながら、QAエンジニアが調査・検証し、自動化できる所を探り、サポートを行います。

FEATURE 3

AIツールは外部提供しない

monoAI technologyで開発するAIツールを販売したらどうか?というお声をよくいただきます。

しかし、私たちはテストにおけるAIツールは外部提供せず、社内利用に限定しています。

AIツールを効果的に使いこなすには専門知識やサポートが必要不可欠です。
そのため、ツールをそのままご提供するのではなく、弊社のAIエンジニアがサポートをさせていただくことで、
結果的にお客様のAIの学習の手間が省け、効率よくAIツールを使用していただけると考えております。

FEATURE 4

QAの人的アプローチでも最高品質を目指す

monoAI technologyでは、AIだけに頼らない、人がテストするということにしっかりフォーカスして、
クオリティを上げていくという取り組みも積極的です。

エキスパートチームという少数精鋭のエキスパートテスター集団が在籍しています。
バグ検出の発想力、検証能力などを見極めるエキスパートチーム選抜テスト合格者(合格率27%)のみを採用しており、
そのメンバーは様々な企業での豊富な実績を持っています。

VISION

開発やテストにAIを導入する場合、現時点ではすべてをAIに任せるというのは現実的ではありません。
現時点では、バグを見つける能力という点では、AIよりも人のほうが圧倒的に優れています。
まずは「操作の記憶・再生による自動化」など、人をサポートするというところから始めます。

実務を通じた研究を重ね、そう遠くない将来には、AI自身が自律的にテストを行い、自動でバグ報告までを行えるようにしたいと考えています。